草深塗装店 株式会社

外壁・屋根塗装や塗り替え、外壁補修の事なら静岡市葵区の草深塗装店へ

事業地域

静岡市葵区を中心とした地域

※上記以外の地域に関しましては、お問い合わせください。

 

HOME»  外壁塗装

外壁塗装

外壁塗装ならお任せ下さい。

外壁塗装ならお任せ下さい。

 

外壁塗装ならお任せ下さい。

 

上塗り 1液ファインウレタンU100

上塗り 1液ファインウレタンU100

 

☆ 1液ウレタン樹脂塗料の特長

1.環境にやさしい(鉛などの重金属を含みません)
2.低汚染性
3.防藻・防かび
4.高耐久性
5.透湿性
6.ターペン可溶
7.抜群の作業性・多目的用途
8.2液の信頼性を1液架橋ウレタン樹脂で実現


>>詳しくはこちら

 

上塗り 1液ファインウレタンU100

 

○内持ちがよく廻縁・内木などのラワン材や、木毛板などの目止め用に効果を発揮します。
○速乾性で、研磨可能までの時間が短く、工程を短縮できます。
○建築基準法に基づくホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆

 

防カビ性ならケンエースG-2

防カビ性ならケンエースG-2

 

☆ カチオン形NADアクリル樹脂塗料の特長

1.ターペン系NADですので、下地への影響が非常に少なく、素材への浸透力が抜群です。
2.防かび・ヤニ止め性・しみ止め効果が強力です。
3.耐水性・耐アルカリ性に優れています。
4.このような場所にまずケンエースG-2をお奨めします。
◇旧塗膜が判断しにくい所。
◇いろいろな素材が混在している所。
◇短期施工が求められている所。
◇低温で作業しなければならない所(凍結している場合はさけてください)。
◇厨房、浴室の壁面など湿気の影響を受ける所。


>>詳しくはこちら

 

○今までにない数々の機能。塗装後、いつまでも快適さを維持します。
○すぐれた付着力、強靭な塗膜。よごれても洗浄できる塗料です。
○低臭気を実現。エマルション塗料に類する高作業性。塗装作業が快適です。

 

下塗りサイディングなら 1液ファインシーラー

下塗りサイディングなら 1液ファインシーラー下塗りサイディングなら 1液ファインシーラー

 

☆ 1液ターペンタイプの浸透型シーラーの特長

1.浸透性に優れ、下地に対して「くさび効果」が得られます。
2.けい酸カルシウム板の他、表面層ぜい弱素材の強度を高めるとともに、耐水性、耐アルカリ性にすぐれています。
3.1液形シーラーのため、作業、取り扱いが容易です。
4.ターペン可溶(弱溶剤)タイプなので、臭気がマイルドです。
5.希釈せずに使用できます。
6.速乾性なので、作業がはかどります。


>>詳しくはこちら

 

下塗り木部なら 1液ファインウレタンU100 木部用下塗

下塗り木部なら 1液ファインウレタンU100 木部用下塗

 

☆ ターペン可溶速乾木部用下塗塗料の特長

1.肉持ちがよく廻縁・巾木等のラワン材や、木毛板等の目止め用に効果を発揮します。
2.エポキシ樹脂塗料であるため、優れた密着性を発揮します。
3.速乾性で、研磨可能までの時間が短く、工程を短縮できます。
4.環境にやさしい弱溶剤系。


>>詳しくはこちら

 

外壁塗装の塗り替え時期

外壁塗装の塗り替え時期

 

一般的には、塗り替えの周期は6~10年と言われています。

塗装後何年か経ち、外壁や屋根の塗装部分に色褪せや塗膜の剥がれが出てきたら、それは建物を保護する機能が落ちてきている証拠です。

吹き付け面のひび割れやサイディングのつなぎ目部分の亀裂などは、放っておかずに塗替えなどの適切なメンテナンスをすることが必要です。

また、紫外線がよくあたる場所や湿気がこもりやすい場所など、状況によって劣化の速度が変わります。
建物を守るためにも、定期的に専門家のチェックをオススメします。

 

外壁塗装の必要性

外壁塗装の必要性

 

塗装には、建物の美観のためだけではなく、建物を保護するという大切な役割があります。

建物の構造体となる、木材やサイディングボード・モルタルなどには、自らを保護する機能が備わっていません。雨風・紫外線・粉塵などに何年もさらされれば、木材などは腐ったり褪せたりといった劣化を免れません。
そのような構造体の劣化、ひいては建物の劣化を防ぐのが、塗料の役割です。

塗料の色褪せや剥がれなどに気が付いたら、適切な塗り替えを行いましょう。

 

外壁塗装の施工例

外壁塗装の施工例です。

状況に応じて、適切な工法・工程で塗装工事を行います。

 

施工前 施工後

施工前

 

施工後